ウィッグの通気性はどのくらい?ムレないウィッグってあるの?

着用するウィッグの質を見定めるのに、通気性は欠かせない要素のひとつと言えます。
当然ウィッグを付けると、長時間、長期にわたって着用する事になりますよね。
そんな日常における必須アイテムですからね。
見た目はもちろん重要ですよ。
しかし、毎日のように着用する物である以上は、品質にもこだわらなければいけませんよ。
その中でも特に、通気性と言うことが挙げられます。
ですから、しっかりと確認しておきたい部分でもあります。
しかも、ただの帽子ではありません。
重く通気性のワルい帽子を被っているようなものです。
ですから、ムレるのは必然と言えます。
(汗)。
ウィッグは、その構造上、どうしても通気性が悪いと言うことがあります。
そんなデメリットが生じてしまいます。
(汗)(笑顔)その中でも特に通気性が良いのは、ハンドメイドのウィッグと言うことです。
(笑顔)。
<マシンメイドのウィッグとの違いについて>キャップ部分の目の粗さにあります。
当然、目が粗い方が通気性は良くなります。
その分見た目も粗くなりかねませんけどね。
(汗)この点を解決する為に、ハンドメイドのウィッグは「粗くなっても見た目は変わりない部分を粗くする!」そんな工夫がなされています。
(笑顔)そうすることで、品質を落とすことなく通気性を確保することができるのです。
(笑顔)通気性の悪いウィッグをずっと着けると頭皮に細菌が発生する可能性もあります。
ですから、できるだけ風通しの良い商品を選ぶようにしてくださいね。
(笑顔)。
ウィッグおすすめ通販は?激安店舗を口コミ!【お手入れ方法も公開中】