リフォームローンは保証人が必要?

【名義が本人でない場合は連帯保証人が必要になる】例えば親の名義になっている住宅を息子がリフォームローンで改修をしたりすることがあります。

こうした場合は原則として保証人が必要になります。
その保証人は名義人である親である場合がほとんどでしょう。
また担保については金額しだいです。
無担保の場合には金額に上限がありますから、それを越えると担保が必要になってきます。
担保物権はもちろんリフォームの対象になる住宅と土地です。
親の名義になっている場合は親が連帯保証人を兼ねた担保提供者ということになります。
なお連帯保証人のことを「人的担保」と言うことがありますが、物的担保を取らず連帯保証人だけを立てた場合は有担保とは言いません。
有担保とは人ではなく、あくまで物が担保になった場合です。